航海士は旅にでる

新しい旅人の在り方『航海士×旅』を提唱する男

高知は好きだけど田舎暮らしをしたいわけではないと気づいた話

こんにちは!旅する航海士のいいじま☆いい肉です。

現在は休暇を利用して高知・嶺北で田舎暮らし体験をしています。

今回は僕が田舎暮らし体験をして感じたことと、田舎暮らし体験を通して田舎は好きだけど田舎暮らしをしたいわけではないという考えになった理由を記事にしました。

Twitterの方でも高知・嶺北のことを呟いています。普段は航海士の仕事の現状や旅について呟いているのでよろしければフォローお願いします。

いいじま☆いい肉『航海士』(@momo3110k)

高知が好きな理由

だいちハウス初日

僕がだいちハウスに滞在した初日、猪の解体をした。

『猪』から『肉』に変わる瞬間、生命を奪って僕が生きていることを知ったのです。

それと同時に自分が情けなくなりました。食事をまるで作業のように食べていた自分に対してです。

もちろん食べ物は残さず完食していたのですが、生命に対しての感謝の気持ちが軽薄だった気がするんです。

あの『猪』だった姿を思い出すと。

僕が高知を好きな理由は『生命の大切さ』を学べたように、都会では知ることのできない新しいことが学べるからです。

高知・嶺北は活気のある若者が集まっている

高知では、はやしハウス(‪@884house‬)とだいちハウス(‪@daichi_house ‬‪‬)に滞在していたのですが、林君とだいちさんを通してフリーランスの方、碁石茶親衛隊の方、地域協力隊の方など様々の方に出会うことができました。

信念を持って活動している人の話は、旅をしている時と同じ位価値観が広がって楽しい。

他の田舎と違って高知・嶺北が良いなと思える所は活気のある若者が集まっていることです。

僕の場合だとフリーランスに興味があるので高知・嶺北フリーランスやブログをやっている方との繋がりが出来たことが大きな収穫です。

だけど僕は田舎暮らしを望んでいるわけではない

僕は高知・嶺北が好きです。でも、田舎暮らしをしたいわけではない。

ここに来て信念を持って行動をしている方とお話をする中で僕は本当は『何』がしたいのかわからなくなってしまいました。

本当にやりたいことは『何か』を知るきっかけで〈人生でやりたいことリスト100〉を作ってみました。それがきっかけで漠然とですが自分のやりたいことが見えたのです。

人生でやりたいことリスト100には旅に関することが多かった。そしてやりたいことを挙げてく中でやりたくないことを知ることができました。

僕は1つの場所に留まるのはあまり好きではないということがわかったのです。

つまり田舎暮らしのように1つの場所で生活するよりも色々な場所を転々とする生き方を望んでいるのです。

田舎暮らしは確かに楽しかった。でも僕の場合は旅することのが合っていた。

高知・嶺北は僕の好きな場所の1つなので消耗して疲れた時にまた帰って来たいです。